不思議!!空中に描ける!!3Dドリームアーツペン

ガジェット

どんなことができるの?

みなさん絵を描いた事ありますか?

子供の頃描いたよー!とか今も描いてるよー!とか様々だと思います。

でもみんな画用紙とか、コピー用紙とかチラシの裏だったり。そもそも紙でしょう?

最近ではタブレットなどの電子デバイスで描く!って事もあるかもしれないけど。

甘い!甘すぎる!

え?なに?当たり前でしょ何言ってるの?ですって?

ふふふ。みなさん、空中に描いたことはありますか?

え?そんな事が出来る訳ないって?

出来るんですっ!!

それがこちら↓

3Dドリームアーツペン

このシリーズは何種類かあるみたいなんだけどこの「クリアマスコットセット」をチョイスしてみました!

ではどんな感じで空中に描けるのか??試しに一つ作ってみましょう。

ワニを作ってみよう!

どうせなら一番難しいやつに挑戦してみてよ!

無茶振りきました(汗

しかしここで諦めたらなんだか悔しい!という訳で難しめなやつをやってみようと思いましたが、

難易度★5ですよ。★の数多すぎですよ。やっぱりせめて★3とかに・・

いいから早く作ろうよ!

あ、分かりました(汗

頭部分を作ろう!

まずは指定された3Dプリントパーツ容器の部分にペンでレジン(液)を流し込み型を作ります。

ちょっと空気が入ってしまいましたが、これを2つ作り組み合わせる事で頭が完成するので、これは目立たない頭の下部分で使う事にします。

レジンを注入して付属のブラックライトを照射するとみるみるうちに固まっていきます。

すると上の画像のように容器から取り出してもカチカチ状態!完全に固体になります。

縁に余分なバリができるのでハサミでチョキチョキ。

これでキレイなパーツの出来上がりです。

あとは説明書通りに頭の上パーツと下パーツをくっつければ頭部分の出来上がり♪

あ、そうそう。ちなみに前に紹介した「実力派ブラックライト」をレジンに照射すると硬化時間がとんでもなく早くなり、かな~り時短になりますよ♪

ブラックライトJAXMAN 365nmが凄かった!
紙幣を照らした時にスゴさがわかった!実力派ブラックライトの実際の見え方と活用法!

次は胴体だ!

説明書に描いてある「ワニの体パーツ」の印刷部分に直接レジンを塗り体の土台部分を作ります。

いゃぁ、、なんか貧相!誰が見てもこれがワニになるとは予想出来ません!妖怪ウォッチに出てくるウィスパーかと勘違いしてしまいそうです。

貧相!!(2回目)頭をくっつけてみましたがワニには全然見えません。つちのこかな?

しかしここからが大変でした。

難易度★5は納得の工程の始まり始まりです。

ここでやっと空中で描く!が登場です。

上の図のピンクで書かれている通りに付属のブラックライトで照射しつつレジンを出す事で即固まり、ペンを動かしていく事でフレームが描けるという訳です。

どうですか!つちのこっぽくなったでしょう?(汗

フレームの隙間をレジンで埋めて。そしてついに「つちのこ」の完成です!

・・・・・・・・・・・。

あ、スミマセン。ちゃんとやります(汗

手足を付けて・・・

おお!手足を付けると一気にワニっぽくなりましたね!

あとはあまりにも頭がツルツルなのでワニっぽく少しボコボコにして雰囲気を出します。

で、申し訳程度にキバを付けて目を付ければいよいよ「ワニ」の完成です。

完成!

ついに完成しました!

多分ワニだと思います。トカゲ?いやぁ、ワニもトカゲみたいなものですし。

純粋無垢なワニらしくない可愛い目になってしまいましたが、レジンを一滴垂らして固めたらこんな感じになってしまいました。

でもまあ、いいんじゃない?

結論!

難易度★5でもそこそこ出来る!

少しコツは要るとは思いますが案外簡単に作れました。

注意点としてはレジンが手につくとベタベタになる事。手を拭く為のタオルやティッシュを側に置いて作ると良いかもしれません。

あと、ブラックライトでレジンを硬化した直後はかなり熱くなります。人によっては「あつッ!」と声が出るかもしれないレベルですね。

なので硬化直後は触らず、少し時間を置いてから触るようにした方が良いと思います。

そこだけ注意すればとても楽しく簡単に色々なものを創作出来る良いアイテムだと思います♪

3Dプリントパーツの容器が付属してきますが、それは使わずに自由に空中に描いて好きなものを作るっていう遊び方も楽しいのでコレはオススメですよ♪

ワニと「つちのこ」はほぼ同じって事が分かって勉強になったよ!

それは作る人の技術の差ですよ

3Dドリームアーツペン エアーアップ クリアマスコットセット(4本ペン) おもちゃ こども 子供 スポーツトイ 外遊び 8歳

価格:3,800円
(2019/4/14 21:06時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました